Concept

パサつく、はねる、くせが収まらない…。
多くの方が『サロンでは素敵に仕上がるけれど、家に帰ると二度と再現できない』このように体感されていませんか?どうしてでしょうか? それは・・・“プロのブローができない”からです。

ブローセットは、どのようなクセ毛、カット・パーマでも形を変えることができます。それを一般の方が、プロレベルで再現するには難しいようです。では、どうしたらアナタが再現できるようになるのか・・・。

それは『カットで、ブローをした状態と変わらないシルエットとまとまりに出来る』ことではないかとMAO hair は考えます。
どんなクセ毛の方でも、どんなセットの仕方をしても、いつもまとまってくれる。そうでなければ常に素敵でいることはできません。

MAOhairではスキバサミを使用せず、スキ過ぎによるクセやパサつきを直すドライカットの研究を10年以上しております。

前回のカット、ボリューム、骨格など、あなたの持つ素材を活かすため、カットパターンは存在しません。

お一人お一人の今の状態を見ながら、一切りずつ選んでハサミを入れることの繰り返しで、どのような髪質の方でも毎朝サロンを出た時と変わらない再現性の高さを感じていただけます。

再現性の高いCutは『手触りが良くなった』と、全ての方が、質感の違いまで感じていただけます。

風に吹かれて分け目が変わろうとも、素敵な似合わせをMAO hair がご提案させていただきます。

ドライカットは、パリ式とニューヨーク式があるとよく言われますが、その違いは主に切り方にあります。2つの流派はそれぞれの教わり方によって技術が異なり、どこ発祥の組織なのか?が最も大きな違いです。

ドライカットは長さもシルエット(量)もコントロールできてしまうカットですので、夢と可能性のある技術ですが、良くも悪くも使い手次第の技術とも言えます。

MAOhairは元々はパリ式ですが、「乾かしただけでまとまるようになるカット」を求めて10年以上独自に研究を重ねております。

その中で明確になったのが、どこのどんな切り方であろうが目指すものが同じであるのであれば髪の重なりをデザインする「カット」は追求すれば行きつく先は同じようなものになるはず。

ドライカットは可能性(幅)のある技術故に習得が困難なところがあったように思います。MAOhairも独自に研究を始めてから10年もかかりました。

しかし、ようやく「朝の時短が叶うまとまりカット」の方程式が見つかりました。複雑なドライカットに教科書を作ることができるのです。日本発祥の「日本式のドライカット」が世に広まればいいなと夢が広がっている最中でございます。

made in Japan のドライカットをあなたの目で体感してみてください。

Info

神戸市東灘区御影郡家2-19-13 ブランドール御影2階
Tel:078-846-1211(予約優先制)
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週月曜日・火曜日