早くて、簡単、綺麗にまとまる、唯一毛先を傷めない乾かし方。 : 神戸岡本の無添加にこだわるヘアサロン・縮毛矯正なら MAO hair creation
ページトップ

早くて、簡単、綺麗にまとまる、唯一毛先を傷めない乾かし方。

News&campaign


2015年07月28日
NEWS

早くて、簡単、綺麗にまとまる、唯一毛先を傷めない乾かし方。


まとまりのいいお手入れの方法をお伝えします。

お風呂上がりには、洗い流さないタイプのトリー

トメントを毛先からつけて、熱やぱさつきから

守りましょう。

お風呂上りの乾かし方は「根元が乾いたけど毛

先は湿っている」という状態が理想です。

ほとんどの方は先に毛先が乾いてしまうため根

元が乾く頃には毛先は乾きすぎてしまいパサパ

サになってしまいます。

まずは根元、続いて根元中間、そして中間毛先、

という意識で乾かせるとうんと綺麗に仕上がり

ます。

 

3ステップにて説明させていただきます。

.

①まずは根元にドライヤーをうんと近づけ、熱く

ならないように円を描くように動かします。

(熱いようなら円を大きくして下さい)この時、

ドライヤーを頭皮全体に対し、四方八方からま

んべんなく風を当てるとふんわりなりますよ。

正面からは当てないようにしましょう。

パックリと分け目ができてしまいます。

.

②「根元が乾いてきたなー」と思い始めたら円を

少し大きくします。

大きくすると1か所に当たる風の量が分散して中

間部も乾くようになります。

根元が熱を帯びる程度乾せるといいですね。

.

③「中間部分が乾いてきたなー」と思い始めたら、

手櫛で乾かしていきます。左手で左の髪を下か

ら上に向かってできるだけ多くつかみます。

その毛束を前ひねりに半回転させドライヤーを

近づけて乾かしていきます。

手はそのまま毛先までゆっくりとスライドしま

すが、ドライヤーも手の後をついていくように

動かさなくては中間部が乾きません。

ドライヤーは少し上から当てるといい感じに艶

が出ますよ。

下から上に向かって当てると髪が逆立ち艶が出

にくいです。

温風が手に当たると熱いので縦に往復させると

熱効率がいいですよ。

もし、手櫛を通す途中で引っ掛かりがあった場

合は、無理に引っ張らず手櫛を静止したままド

ライヤー を往復させたまま当てていると、スルッと

通るようになります。

.

引っ掛かりのない程度まで乾かせれば 、根元が

乾いたけど毛先は湿っているドライの完成で

す。

毛先はシットリめに仕上げればとまとまりが

よくなりますよ。