なぜシャンプーするとキシキシするのか? : 神戸岡本の無添加にこだわるヘアサロン・縮毛矯正なら MAO hair creation
ページトップ

なぜシャンプーするとキシキシするのか?

News&campaign


2011年11月6日
スタイリング

なぜシャンプーするとキシキシするのか?


最近、メーカーの開発したシャンプーを自ら試しては報告するといったモニターをしております長音記号2

 

製品は オーガニック~無添加 のものが対象ですクローバー

 

サラサラのものからネットリ濃厚なものまでありますし

 

泡立ちも様々です。

 

どれをとっても言えるのは ノンシリコン で オーガニック の 洗浄成分の高価


なものは洗い上がりが違います。

洗浄成分は大きく 1石油系2石鹸系3アミノ酸系 に分けられます。

 

1石油系は安価で洗浄力が非常に強いのが特徴です。  市販されてるものがこれにあたります。

 

2石鹸系は中価格で洗浄力も中。 ナチュラル志向の方に多いですね。

 

3アミノ酸系は高価で洗浄力は弱いのが特徴です。  サロン販売品に多いです。

 

1石油系は洗浄力が強いあまり髪の油分まで奪いダメージに繋がってしまいます。

だからキシキシしてしまうんですよね。

 

それを補うためコーティング剤を配合し手触りをよくしています。

コーティング剤はパサつきやすくしっしんんなどアレルギーの原因にもなります。

 

2石鹸系は余分なものは入っていないが石鹸カスが残りやすく特有のキシミがあります。

 

3アミノ酸系は肌に近い成分で洗い上げるためしっとり仕上がります。洗浄力は弱いですが

 

地肌を洗うには十分な洗浄力です。しかし、サロン専売品でもコーティング剤など

余分なものも入っているのでよく調べないといけません。

 

アップMAO hair ではより安心で より安全 かつ髪質に合う効果的なオーガニック・無添加のヘアケア製品を

取り揃えています。 そして更にいいものを求めていく努力をつづけていきます。アップ