憧れの、ダメージのないパーマ・・・・・

パーマで髪を傷めないためには、美容師さんの努力が不可欠です。

(勿論、お客様ご自身の日頃のお手入れによって進行してしまうダメージを除いてのお話ですが。)

パーマは、個人差による様々な髪質の見極めをしなければなりません。

パーマは、様々な髪質に対応できる薬剤の幅を用意しなければなりません。

パーマは、髪質に合った薬液と技術を駆使し、絶対に傷めないようにしなければなりません。

 

髪が痛まないように、細心の注意をはらう事によって成せるのがダメージのないパーマということになります。

よって私達美容師は正確な毛髪診断や知識と経験が必要とされます。

ヒー💦

そんなの大変💦

そうなんです、ダメージレスに仕上げることは大変なことなんです💦

しかし、具体的にどうやって痛まないようにするの ❓

「 ダメージのないパーマ 」 本当にそんなものあるの・・・・・❓

髪の形状を変えるパーマにおいて、全く痛まないというのは非現実的のように思います。

時間くらいかけてする傷めないパーマはあるそうなのですが、時間がかかりすぎる為需要がないよう。

重要なのは「何度繰り返しても、この程度のダメージで済む」そう言い切れるパーマですね。

これならありすます☆。 

最近はパーマ薬剤も増え選択肢は増えております。

チオに代表されるアルカリ性の強いパーマ液から、

システアミンやスピエラに代表される酸性の優しいとされるパーマ液まであります。

中でもGMTやスピエラに代表される酸性系のパーマ液が革命的でした音譜

酸性で刺激が弱くてもシステアミンと比べ還元濃度は高いですから、

「優しいのにしっかり当てれるパーマ液」

よりダメージレスで、よりファッショナブルな施術が可能となりました。

材料費は・・・・・高い ( ;∀;)

し、取扱い初めは反応が違うので美容師さんも悩んじゃうのですが( ;∀;)

慣れてしまえば、優しいのに凄く幅のあるパーマ施術ができるようになるので、

奇麗な髪質でいながらもオシャレができるのがこれしかないので仕方ないですね~。

 

アップMAO hair ではお薬の過剰反応を抑え、

薬液浸透を利用して深くまで栄養を入れ込むMAOトリートメントがございますので、

カラーと同時施術の方でも安心してパーマデザインをお楽しみいただけますnico love

 

あげ、あげ@ より安心でより安全をテーマに日々努力し続けて参ります。